For All Asian Beauties.

menu

東洋美人の作り方

Dr.WATERにおまかせ!水を飲んで健康美を手に入れる!

水を飲むことは健康によく、ダイエット効果もあり美肌にもなれるのだから

いつでも、誰でも、どこででも簡単にできるし

やったほうがいいに決まってる・・・!

今日は薬膳的な水の飲み方と効果についてお話します。

1日に飲む理想的な水の量は


1リットルが1日に必要な最低量とされています。

一般的には、一日に必要な水分量は、体重(kg)×33が目安。

体内に入ってくる水分は、飲料水として飲むものの他、食事に含まれる水分やカラダの内側で作られる水分もあるので、

飲料水としては、「1~1.5リットル」を目安に摂取してみるといいかと思います。

スポーツなどで体を動かして、汗をかいた場合には、さらにプラスの調整をしてください。

水が体に与える健康効果とは?

体内バランスを整える

体内に摂取された水分は、汗になって体温調整に使われたり、血液やリンパの循環、呼吸などでも失われていきます。

デトックス

体内の毒素を排出する働きをしいてる腎臓には特に十分な水分量が必要です。

水分が不足すると、毒素がきちんと排出されなくなり、カラダのあらゆる不調を招く原因となってしまいます。

また、食べ物の消化にも多くの水分が必要です。

水分は胃酸の調整してくれるので、水をたくさん飲むことで体内の老廃物がカラダから排出されやすい状態を作ることができます。

美肌を作る

キレイな肌を作るには、体内を循環する十分な水分が必要です。

肌の内側を水分が循環することで、代謝が上がり、免疫機能が向上。

乾燥や肌荒れも改善され、ニキビや吹き出物ができにくい肌になります。

内側からのたっぷりの水分補給で、健康的なうるおい肌を目指しましょう。

この時注意が必要なのは、「水」で補給することが鉄則。コーヒーやお茶などは、利尿採用があるので、水分が早い段階で排出されてしまいます。

アルコールもまた、かえって水分を奪って乾燥させてしまうことにもあるので要注意!

また、冷たい水は身体を冷やしてしまうので、常温や白湯にして飲むのがオススメです。

水分が足りないと筋力が低下する!?

脱水状態になると、疲労やめまいの他、なんとなんと筋力も低下してしまいます。

水分が大部分を占めているのは筋肉も同じ。

トレーニングを行う際には、いつも以上にしっかりと水分を摂ることを心がけましょう。

こまめに少しずつ飲むことが大事です!

一気に飲むと一気に排出されてしまいますからね。

水は毒にもなる!?

体のだるさが抜けなかったり、胃のむかつきが続いていたら、体内の水分バランスが崩れているかもしれません。

水分の取りすぎで体に起こる不調

水の飲み過ぎは、しばしば水毒(すいどく)という症状を引き起こします。

水毒とは体内のあちこちに溜まった余分な水分がよどみ、それが毒のようになり不調を引き起こしている状態。

更に、水の乱れは免疫低下をひき起こし、アレルギーやアトピー、喘息、花粉症とも深くかかわっていると言われています。

室内で仕事をする時間が多い現代人には暑い季節に汗をかき、寒い季節は体温調節で毛穴が閉じるという、

人間本来の働きが鈍くなっていることも水毒の原因となっているかもしれません。

毎日シャワーで済ませずにお風呂に浸かるなどして、汗をかく機会を意図的に作り出すといいでしょう。

水毒の主な症状は、むくみ、体・手足に重みを感じる、身体がだるい、乗り物酔いしやすい、胃に不快感がある、

下痢、便が柔らかい、冷え性、鼻水が出る、痰がからむ、唾液が多い、頭痛、動悸、低気圧の日の体調不良 など。

水分不足で体に起こる不調

体に必要な水分が不足している状態を津液虚(しんえききょ)といい、この症状になると皮膚や粘膜が乾燥します。

原因はストレスや過労、ダイエットによる食生活の乱れ、不規則なライフスタル、加齢による代謝の悪化、脱水症状など複数あり、

「津液虚」 が進むと体にだるさや火照り(ほてり)を感じるようになります。

時間の経過とともに水分が不足するため、1日のうちでも就寝時に火照りを感じる人が多いです。

その他の症状としては、肌の肌理が粗い、口や喉、舌の渇き、声の枯れ、ドライアイ、風邪のあとに咳が続く、空咳が出る、微熱、水分をよく摂る(飲み過ぎ)、尿量が少ない(尿の色は濃い)、便が硬め(小さい)、寝汗をかく、手のひら・足の裏が火照る、手足が熱いように感じる等があります。

 

水は健康に良い効果をたくさんもたらす半面、自分の体の様子を見ながら摂取することが

大事になってきます。

生真面目な人ほど、「1日〇リットル飲む」という情報に支配されがちです。

体調は1人1人違います。

ほかの人と比較せず自分自身の身体と向き合って、心地よく体調を整えていってくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930