For All Asian Beauties.

menu

東洋美人の作り方

冷房で冷えた体をシナモンでほっと一息

シナモン!

日本では古くから「ニッキ」として親しまれています。そう、八つ橋の味ですね。笑

独特の甘い香り、かすかな渋みはお菓子作りにもかかせません。

実は夏の冷房に冷えた体にはもってこいのスパイスなんです。

シナモンの効能

東洋医学的な効能としては

◇胃腸を温め、消化機能を高める

◇冷え性で衰弱した体を温め、機能を高める

◇強い熱性で体を温め、冷えから痛みを緩和する

◇血行を良くして、血の滞りによる腫れを消す

夏の冷房や、冷たい食べ物で冷えた体を回復させるにはもってこいです!

体温は36.5度が理想。低体温は免疫を含む全身の機能低下を招きますので

体温をしっかり高めることはとても大事です。

ここで注意してほしいのは、シナモンは温性の性質だということ。つまり体を温める食材です。

熱が出た時や、体内に熱がこもっている人、妊婦さんは食べないでください。

シナモンに含まれる有効成分は、シンナミックアルデヒドといって

末梢神経を拡張し、血行を改善する作用があります。

お家にはなかなか置いていないスパイスですが、

最近はカフェで見かけることがとても多いシナモン。

ぜひ温かいコーヒーやお茶を飲むときには、振りかけてみてください。

ただ、カフェインは体を冷やしますので

最もオススメはホットミルクに振りかけることです!

ぜひやってみてくださいね。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031